ストレスデビュー

「ママぁ、すとれすってどこから来るの?」
「ストレスって知ってるの?」
「知らないけど、みんな言ってるじゃない。ハナ先生とミノリ先生もそうお話ししてたし、パパのお腹が痛いのもそうでしょ。ママも昨日、言った。」

     ***

何が何でも温暖化を阻止しなければ、と思う。

北極の永久凍土にはマンモスだけでなく、ストレスも閉じ込められている。
それが温暖化によって日々、ものすごい量解け出しているのだ。
マンモスの牙ははんこになってやってくる。
毛のはえたしっぽは愛地球博に潜む。
ストレスは気体になって地球を覆う。
黒潮によってカツオが運んでくるのかもしれない。そしていいお出汁になっちゃうのだ。

「あなたが動くと熱がでて、地球があったかくなっちゃうのよ。」なんて娘には言えない。
ものには優先順位があるのだ。彼女たちは最優先切符を持っている。
それに私の冷え性で娘の分は充分カバーできるかもしれない。

     ***

ポン酢君にお水あげようか。」
「うん。」
「今日は肥料もあげちゃおう。」
「うん、うん。」
「お花、咲いてるし、みんなのストレスも食べてくれるかもしれないね。」
[PR]

by r_dew_1 | 2005-05-14 16:25 | A4  

<< 『論理』 『愚』 >>