子供を遊ぶ。

私は子供を遊ぶ、悪い大人です。

にらめっこ。
そんなのちっともおもしろくない、私は。
だから、佳境にさしかかったころあいを見て方向転換します。

「ねぇ、ねぇ、ガッツのある顔してみて。」
彼らは素直です。
「今度はしょんぼりした顔。」
(ぷっ。)
「うまいなぁ。じゃぁ、びっくりした顔は?」
(なるほど。)
「眠い顔。」
(ほう、ほう。)
「じゃぁーねぇ、」
「もういいでしょ。」
「すみません。」

「なぞなぞにする?」
「やだ、だってふたつ答があるやつでしょ。」

彼らは確実に成長しているのでした。
[PR]

by r_dew_1 | 2005-05-26 22:00 | A4  

<< 読めなかった本。 『年金』 >>