あの日のお姉さん。

駅の改札が自動でもスイカでもなかった時代。
日本はつい最近までそんな時代だったのですよ、若者!

そんな時代の出来事です。

お姉さんは最近はやりのキャリアウーマンを目指すべく、
忙殺ともいえるいそがしい毎日を送っておりました。

化粧さえトンチンカンになりそうな食パン1枚の朝のことです。
ありがた迷惑なテレビの占い。
のろいの言葉にパチリとスイッチを切って、さぁ、出勤です。

駅まで5分の好立地。
タイトスカートにもかかわらず、フェンスを乗り越え、
ズルな横道3分半。

古き良き改札BOX。
箱の中身は駅員さん。定期はかざすのではなく、見せるものでした。

その日の彼女もしっかり見せました。
テレビのリモコンを。

キセルじゃないの、お疲れなの。
[PR]

by r_dew_1 | 2005-06-03 23:32 | A4  

<< 『お肉のお味』 分別車両。 >>