秋に乗り遅れる。

新しい季節を迎えるにあたっては早めの準備が必要です。

高くなった秋空、夕日がぐーんと超大画面で迫るとき、
焼きサンマのにおいが各家庭から発信されます。
大人も子供も「サンマは目黒ね。」なんてつぶやながら
実はメイド・イン・気仙沼。

その、足並みに乗り遅れました。
まだサンマを食べていないのです。

日本の小さなサンマ漁船は異国の船に当て逃げされるリスクを背負いながらも
いち早く秋の味覚をお届けしようとがんばっているのです。

なのに、私ときたらやわな切り身のムニエルなんて。
その切り身が当て逃げ船のお国からの輸入だったらどうするのっ!

この秋は先取りどころか、後手後手にまわって新鮮な満喫感がいまひとつ。
なんとなく出遅れちゃったようです。

昨夜、夜空を見上げたら星がきれいに見えるようになっていました。
次の冬には遅れてなるものかと羽毛ふとんを出した私です。
[PR]

by r_dew_1 | 2005-10-02 18:09 | A4  

<< お姉ちゃんの気持ち。 麦茶はいつまで? >>