ブラウン夫妻。

ブラウンさんの家にES細胞が生まれた。

「かわいいねー。」
「うん、まだ物質ってかんじがかわいいよねー。」
「将来が楽しみ。」
「何になるんだろうね。」
「皮膚とか?」
「それはちょっと平凡だなぁ。」
「場所によるね、乳首の先なんてどう?」
「僕は乳首の先だけにはなって欲しくない!」
「ピンクでも?」
「ピンクでも、だ!」
「じゃぁ、腸の内粘膜とかは?出会いの多い人生じゃない?」
「まぁ、飽きない人生だよね。」
「教育ママに徹して脳なんかにしちゃおうかな。」
「脳内メーカーをみると脳もいろいろだぞ。」
「そうだ、爪にしてかわいらしい服たくさん着せるの。」
「命が短い。」
「筋肉なんかもいいよね。」
「現役が短い。」
「臓器関係?」
「お役所日の丸的。」
「で、名前は何にする?」

ブラウンさんの家にES細胞が生まれた。
[PR]

by r_dew_1 | 2007-10-13 02:04 | A4  

<< そんな夜。 琥珀。 >>