<   2006年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

いつまでも食べたい魚。

漁獲量制限でマグロはいよいよ高価なものになりそうです。
そういえば去年くらいまではあんなに安かった輸入サーモンもだんだん高くなってきました。寿司ネタとして重宝されてきたせいでしょうか。我が家の食卓は魚8:肉2くらいの魚食家庭なので、魚が高くなるのは困ります。
私が幼ない頃、川の汚染で鮭が穫れなくなった時期がありました。高価になってしまった鮭に「鮭なんて昔はネコマタギっていったんだぞ。」と父がいっていました。猫もまたいで通り過ぎる。ってことだそうです。その後、カムバックサーモンキャンペーンがはじまったことを記憶しています。そうそう、それから何年かを経て水質が改善され美しくなった日本の川に鮭たちは戻ってきました。
ローカルですが、ハタハタという魚があります。鍋ものにも使うし、ひと塩の一夜干しにするととてもおいしい冬の魚で、地元の食卓にはかかせません。それが十年くらい前、すっかり穫れなくなってしまいました。そこで地元の漁協が決断したのは、禁漁という選択でした。それを生業としている人たちには死活問題だったと思います。
「...ハタハタ禁漁の話をすれば 、地元でさえ皆に反対されたもんだった。だども、今の自分らが我慢すれば息子や孫達にハタハタを残してやることができるべな。その一心で決断し説得を決意した 。わいは、禁漁期間中は一口もハタハタを口にしねがった 。
仲間の漁師が出稼ぎで家族と別れるところをテレビで見たども、あの時は『仲間につらい思いをさせてすまねえな』 としきりに涙が出てきたっけな 。それから、 解禁前の夜は緊張して眠れねがったものな。 もし獲れなかったら死んでお詫びをしねばならねと、枕元にロープを置いた。 だども、その日息子からの大漁の知らせ聞いて、ほんとおもせがった。自主禁漁を破った秋田の漁師は一人もいねがった。 秋田の漁師ってのはすげもんだ。おらは誇りに思ったな」( 当時 秋田県漁業組合長であった佐藤氏のインタビューより)
ときに忍耐の選択って、大切なことと思います。
もっともっと昔にはニシン御殿のはなしなんかもありますね。いまでは数の子なんかほぼ輸入なんだと思います。っていうか、もうニシンという食材は日本人にとってそう重要ではなくなってしまったのでしょう。あ、魚ではないけれどクジラなんかもそうですね、いまはすこし手に入るようになりました。調査捕鯨として許されたものらしいです。もしかしたら体の素の細胞だって個々の食文化が影響しているのかもしれません。
今後、マグロの行く末が気になります。漁獲制限や人件費の高さで船を手放してしまう人もいるそうです。日本のマグロ漁船はそれに特化した高性能なので中国の人が高い値で買っていくのだそうです。いまとなってはツナではなく、世界のマグロらしいのですが、見事な大トロをポイポイと鍋に放り込み、辛そうなタレに浸す姿をみると、漁獲制限という忍耐で解決できる問題ではないんじゃないかと思ったりします。マグロの美味しさは世界中に知れてしまいました。で、マグロの養殖が早く軌道に乗るといいです。ノルウェーサーモンみたいに脂の乗りも、身の色もお好みで承ります。みたいに世界に打って出れる日もくるのではないかと思います。そうすれば天然ものを乱獲から守れるかもしれないし。世界的に食料が危うくなっている昨今、謙虚な気持ちで自然の恵みを分け合い、知恵と責任を持って安全な食料がみんなにいきわたることを願うばかりです。チョウザメ(キャビア)みたいな運命をたどらないように。

a0037253_023375.jpg

[PR]

by r_dew_1 | 2006-12-30 23:27 | A4  

沖縄。

「Tシャツ1枚だよぉ〜、ふっ、エアコン入れてるんだ。」
今朝ダウンジャケットの後ろ姿を見送ったばかりだというのに。夏好き、海好きの夫からの電話は妙に機嫌がいい。沖縄は暖かいのかぁ、いいなぁ。こちとら靴下二枚重ねよ。
「んじゃ、ローゼル見つけたらよろしくね。」
ローゼルって、ハイビスカスのガクです。お茶にしたり、ジャムにしたりします。フレッシュの収穫期は10、11月らしいけどあったら買ってきてね、と頼んでいます。物産店でこれを見かけてからというものはまってしまい、ジャムにして保存します。先月買い込んで作ったものは早くも在庫薄。そんなとこでの夫、沖縄出張なのでした。
実はわたくし、沖縄本島には行ったことがありません。でも石垣や竹富、西表には3度行ってます。そのころはまだちゅらさんも、Dr.コトーもいない時代で何気ないニガウリのおひたしだってカルチャーショックな代物だったのです。ゴーグルとシュノーケルを手に海ばかりをめぐっていたのだけれど、どこも本当ににきれいだった。陽が届く浅瀬にサンゴがあって、イソギンチャクがいて、クマノミが寄ってくる。あんなに無邪気でひとなっつこい海にはこれから先もう出会えないと思う。行けばまだあるかもしれない海だけど、あのころの極彩色の自分はあのころのままにしておきたい気もします。

a0037253_0221832.jpg

[PR]

by r_dew_1 | 2006-12-15 12:49 | A4  

月の砂漠。

ドーハアジア大会が始まりました。
開会式はスゴかったです。オリンピックを越えた豪華な演出で最後まで観てしまいました。中東というと最近は戦争のイメージが強いですが、ひさしぶりにアラビアロマンというかんじが思い起こされました。そしてやっぱオイルは強いなと(笑)。アラビア人が描く日本にも笑った!大名姿に力士風大銀杏で少林寺っぽいダンス(バク転とか有)。あのドーハの悲劇ももう過去のことだと忘れてしまえる一幕でした。中国もなんだかサンバカーニバルみたいな花輪を背負ってたし。ロシアはコサックとバレエが混在してた。でもね、不思議と各国の文化に懸命に敬意を払ってる気持ちが伝わってきました。素晴らしいエンターテイメントでした。
で、唐突に月の砂漠なんかを想うのです。『月の沙漠』はとても好きな歌のひとつ。4番までの歌詞の世界観がほんとうにいいです。月と、砂漠と、ラクダと、金色と銀色と、王子様とお姫様と、白い上着と、音のない世界。でもこれは日本人の情緒的なイメージだそうです(御宿の砂浜発)。朧にけぶる月の夜のおはなしですが、アラビアの砂漠のそんな夜はすさまじい砂嵐だそうです。そして金や銀の鞍では王子も姫もお尻が大やけど。ラクダだって熱っちっち。
でもやっぱり月の砂漠はいいのです。だから力士風大銀杏のサムライでもいいのです。
[PR]

by r_dew_1 | 2006-12-03 07:55 | A4