<   2008年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

身の回りの時事。

小麦粉が値上がりして小麦粉指数が上昇傾向にある我が家としては
ボディーブロー的に財布が痛いです。
街かどのパン屋さんはさぞかし大変なことでしょう。

うどん屋さんも大変です。
お好み焼き屋さんも、たこ焼き屋さんも大変です。
天ぷら屋さんも、ケーキ屋さんも大変です。
餃子は具より皮が高価になるかもしれません。
「チーズケーキファクトリー」がチーズなどの原材料高で自己破産 したなんて...
そういえばチーズは高くなりました。去年からバターも品薄になってるらしいし。


小麦粉使えなくなったら。
それならお米を粉にして使えば...と、一瞬安易に考えそうですが、
お米にはないのです、グルテンが。
神様は小麦にグルテンの役目を授けました。
人間は知恵を持ってあらゆる食品にグルテンをしのばせ、
世界中に広告活動をしてグルテンは人気者になりました。

小麦の生産国が「おまえに食わせる小麦はねぇ。」といってしまったら、日本はどうなっちゃうんでしょう。
すでにあちこちで買い負けつつあるニッポンです。
それはあの日、ヒーロースナックや野球チップスをてらいなくドブに捨てていた男の子のたちが懺悔しても、
もう遅いのかもしれません。

小麦だけではありません。大豆もトウモロコシも穀物原料はみんな大変です。
どこかの商社が外国の農場を買収したとか、商社が農家をやる時代なんだ。
それはそれで斬新だと思います。
国民だってきっとぎりぎりまで我慢したり工夫したりすると思う。
それにくらべて政治家はやっぱりダメだなぁ。

by r_dew_1 | 2008-01-09 00:43 | A4  

クンクンクン。

どう考えても確かにこれは松茸のにおいだ。

どうかするとふっと香る松茸のにおいに
どこかにキノコが生えてきたんじゃないかと不安になる。
私はにおいに敏感な方でお湯を沸かすときなどはやかんの音より
お湯のにおいで火を止めてしまうほどだ。

クンクンクンクン、
においの在処をさぐっていく。
クンクンクンクン、
どうやら私の手にそれはあるらしかった。
クンクンクンクン、
指先だ。

みると、人差し指の先に小さなキノコが生えていた。
と、いうのは妄想で、ベトっとした粘着液のようなものが微かに付いていた。
けっこう強力なそれは洗っても擦ってもなかなかとれない。
でも確かに松茸のにおいをほのかに感じる。
よく嗅いでみると滋味を含んだ爽やかな中に松茸がニョキッと生えてるみたいな香り。

何?何?何?!
徹底的に自分の行動を振り返る。
松茸をお雑煮に入れた覚えもない。
それ以前に買った覚えもない。
送ってくれる丹波の友だちもまだいない。
松茸の味、お吸い物パスタも作ってない。
数品のおせち料理とお雑煮と乾杯の質素で普通の三が日。
今朝、水を替えた生花は純日本風。
あ、
あっ、
あー!

松だぁ!!
そう、新鮮な松の枝はいくつかの松脂のしずくをつけていたのです。
松脂ってちょっと松茸のにおいがするんだぁ。と知り、
もう一度クンクンと香り分析する私でした。

by r_dew_1 | 2008-01-02 15:40 | A4  

あけましておめでとうございます。

朝起きていつものようにコーヒーを飲もうと思ったけれど、
「ちょっと待って、今年はじめての朝に口にするものがコーヒーでいいのか?」
という声が聞こえた。
習慣は変えられない。そういわれるとひどくコーヒーが飲みたくなったけれど、
それもそうかと思った。
いきなりお雑煮は躊躇われる。
手製のパンは?すこし飽きてる。
日本人らしく日本茶は?湿気ってると思う。
あー、もうどうでもいいよ。
それで蜜柑にした。

何で蜜柑にしたかっていうと、
昨夜年明けすぐに観た月が蜜柑の小房のような受け月だったからだ。
晴天の夜に映える鮮やかなオレンジ色がきれいだった。
今年はそんな受け月で大切なものをいっぱい受け止めたい。
そんな気持ちで蜜柑を食べてみた朝でした。

by r_dew_1 | 2008-01-01 13:50 | A4